奨学金 資格条件

奨学金探しの参考になる日本学生支援機構奨学金のHP

奨学金は、公的・民間団体・学校独自のものなど、様々な制度があることがわかりました。

では、この中から、どの奨学金を選んだらいいのでしょうか?

最も一般的なものは、やはり日本学生支援機構奨学金です。

どうして日本学生支援機構奨学金が一般的なのかというと、在学している高校で案内や資料が配布されるため、最も目に留まりやすいからだと言えます。

始めから、奨学金をもらって進学しようと考えている人ならば、自分で調べて探すのでしょうが、迷っている人や利用するつもりがなかった人などにとっては、「学校で案内や資料が配布される」ことは、最も大きなきっかけなのです。

そして、どんな奨学金があるか探すためにも、日本学生支援機構は役に立ちます。

日本学生支援機構のHPには、「日本学生支援機構以外の奨学金」のページがあり、
様々な奨学制度を知ることができます。

こちらでは、民間団体のほか、市町村や大学独自の奨学制度も閲覧することができ、
自分が利用可能な制度を探している方には大変ありがたい内容です。

奨学金申請に必要な資格条件は要チェック

奨学制度を選ぶ際に、気をつけなければいけないのは「資格条件」。

これは奨学金を受けるための条件です。奨学金の資格条件にはいくつかの種類があります。

最も一般的な日本学生支援機構奨学金の資格条件は、以下の通りです。

「大学に進学を希望している者で、成績の平均値が3.5以上、家計支持者の収入金額が提示された目安以内であること」

「大学に在学中で、大学1年生なら高校の成績の平均値が3.5以上、大学2年生以上なら所属する学部の上位1/3以上、家計支持者の収入金額が提示された目安以内であること」

他には、地方公共団体の奨学制度なら、「在住者で経済的に困難」という条件は定番中の定番ですし、大学独自の奨学制度なら、「在学者で成績優秀」という条件が定番です。

資格条件は奨学金によって異なりますが、他の奨学金を受けているともらえないものもありますし、大学や高校の推薦を必要とするもの、指定された学校しか申請できないもの、学部の指定があるもの、新入生のみ申請できるものなど、奨学金の数だけ、資格条件があると言ってもいいくらいです。

ですから、「奨学金を受けよう」と思ったら、まず資格条件に合致しているかどうかを調べるのが大切。

特に成績の条件は、今更成績を変えることもできませんから、しっかりチェックしたいですね。

チェック 奨学制度は、最も一般的な『日本学生支援機構奨学金』をはじめ、公的、民間、自治体、大学独自などかなりの種類があり、給付か貸与か、利用条件等、それぞれで異なります。

諦めずに、自分に合った奨学金制度を探しましょう。

 

大学独自の奨学制度を調べるなら、気になる大学のパンプレットを取寄せ、詳細な情報を確認してみてはいかがでしょう。

 

 

 奨学金を調べるなら複数大学の無料一括資料請求が便利です

大学は奨学金で進学できる!top

 奨学金利用の際の注意点

 奨学金選びの前にしておくこと