奨学金制度

様々な奨学金の仕組みを理解し、上手に利用しよう

奨学金制度は、学業を続けていくにあたって必要な費用を支援してくれる制度で、 国や地方公共団体が行っている「公的な奨学金」と民間団体が行っている「民間の奨学金」があります。 大学生の多くが利用している日本学生支援機構奨学金は、国の制度であることから、公的な奨学金といえます。

さらに、奨学金には「給付」と「貸与」の2種類があり、 給付は返済の必要がなくもらえる給費、貸与は卒業後には返済しなくてはいけない給費です。

貸与には無利子と有利子がありますが、有利子でも銀行などとは比べ物にならない低金利となっています。

また、看護学生が卒業後、指定の病院で一定期間働くことで、返済が免除される制度や 新聞奨学金のように、大学に通いつつ、新聞販売店で働くことで返済していき、 卒業時には完済できる制度など、目的に応じて、条件の異なる様々な種類の奨学制度があります。

このように、奨学金制度は学業を続けていくための力強い味方ですが、忘れてはいけないこともあります。

それは、「奨学金は、子ども自身の借金である」ということです。

奨学金制度を利用するということは、お金を借りて、自分の未来に投資しているのと同じことです。

 奨学金利用の際の注意点

そして、返済したお金は、次世代の後輩たちへの奨学金となって循環していきます

制度を維持していくためには、きちんと返済していくことが求められるのです。

もちろん、給付の場合は返済する必要はありませんし、一定の条件を満たせば返済不要なものもあります。

このように奨学金は、いくつかの種類があり、人それぞれ利用できる制度も異なります。

基本的な仕組みを覚えたら、どんな制度が利用できるのか、しっかり調べてみるといいですね。

チェック 奨学制度は、最も一般的な『日本学生支援機構奨学金』をはじめ、公的、民間、自治体、大学独自などかなりの種類があり、給付か貸与か、利用条件等、それぞれで異なります。

諦めずに、自分に合った奨学金制度を探しましょう。

 

大学独自の奨学制度を調べるなら、気になる大学のパンプレットを取寄せ、詳細な情報を確認してみてはいかがでしょう。

 

 

 奨学金を調べるなら複数大学の無料一括資料請求が便利です

大学は奨学金で進学できる!top

 奨学金の種類