大学 奨学金

今は2人に1人が奨学制度で大学へ通っている時代です

大学進学を経済的事情で迷ったり、あきらめてはいませんか?

実は奨学制度や特待生制度を利用して大学や専門学校、大学院へ 進学する学生がとても増加しているのです。

日本で一番多く利用されている奨学金制度「日本学生支援機構奨学金」の平成22年度学生生活調査結果によると、大学生のうち、奨学金を利用している生徒の割合は50.7%、二人に一人は利用している計算になります。

つまり、それくらい奨学金で大学へ通うことは特に珍しいことではなく、多くの人が利用できる制度なのです。

また、奨学金は成績優秀者やスポーツなどの得意分野がある人に限られるのでは?と思い込んでいる人もいるかもしれませんが、利用条件は様々で、学業優秀という理由だけでなく、世帯収入等の経済的事情、居住する自治体、災害による家計の急変、家族の母校など、実に多岐に亘ります。

運営母体も公的機関だけでなく、民間運営、大学独自実施、自治体実施など多数あり、条件も厳しいものから、比較的緩やかなものまで様々です。

各大学の受験資料、入学案内には奨学制度についての詳細が記載されていますし、

学校や塾の先生も相談にのってくれます。

大学入学費用を準備し、大学への進学を実現するためには、自分にはあてはまらないと決め付けず、 自分が利用できる奨学制度や特待制度などをあきらめずに探すことが大切です。

大学進学の費用はいつ、いくら必要なのか把握しましょう

奨学金を調べる前に、大学進学には、いつ、いくらくらいのお金が必要なのか具体的に調べてみましょう。

大学進学に際して、支払いは大きく分けると入試費用学費費用となります。

入試費用は受験料(1校35000円が一般的)、交通費、宿泊費など。

推薦入試やAO入試は1校が普通ですが、一般入試の場合、大体平均6校程度で

21万円の受験料がかかります。

入学金は平均20万〜30万、前期授業料は私立文系で約40〜60万円です。

学費納入時期は推薦・AO入試が10〜12月、一般入試が2月下旬〜3月下旬です。

他に教科書代や定期代、一人暮らしなら生活費、寮費等もかかります。

授業料以外にも必要となる費用が結構ありますので、まずは自分の受験方法や進学希望大学と照らし合わせ、いつどれくらいの費用が必要となるのか、見積りをたててみましょう。

 大学進学に際してのお金の流れを把握する

必要は費用を把握したら、家庭で準備できる資金とできない資金を考え、奨学金を調べましょう。

優秀成績や家庭の収入制限が必要な制度ばかりではありませんし、申請時期、振込時期、
金額なども様々です。

チェック 奨学制度は、最も一般的な『日本学生支援機構奨学金』をはじめ、公的、民間、自治体、大学独自などかなりの種類があり、給付か貸与か、利用条件等、それぞれで異なります。

諦めずに、自分に合った奨学金制度を探しましょう。

 

大学独自の奨学制度を調べるなら、気になる大学のパンプレットを取寄せ、詳細な情報を確認してみてはいかがでしょう。

 

 

 奨学金を調べるなら複数大学の無料一括資料請求が便利です